忍者ブログ

kaishi@充電式 USB レーザーポインター

http://www.buyshopes.com/100mw-laser-green-c031.html USB充電式緑色レーザーポインター

レーザーポインターの規格として波長が記載されている

レーザーポインター 波長とは何ですか?

1.私たちの目は、 "可視光"というラベルの付いた電磁スペクトルの非常に小さな領域にある光に敏感です。 700ナノメートル(nm)と赤を通じバイオレットの色の範囲 - この可視光は400の波長範囲に対応しています。人間の目は可視スペクトル外波長を有する放射線を "見る"ことができません。短いものから長い波長に見える色は、次のとおりです。紫、青、緑、黄色、オレンジ、赤,紫外線は目に見える紫色の光よりも短い波長を持っています。赤外線は可視赤色光よりも長い波長を持っています。白色光は、可視スペクトルの色の混合物である。黒は光の総不在です。
いわゆる「色」は光線の波長によって識別されているが、これはレーザー光においても例外ではなく、このためレーザーポインターの規格として波長が記載されている場合は、その値から「何色のレーザー光か」を知ることが出来る。単位は主に「nm」(ナノメートル)で示される。

レーザー レッド

635~690nmレーザーポインター
レーザーポインターのうち、製造しやすさもあって標準的に普及しているのは赤色レーザーポインター カラス撃退で、波長はおおよそ635~690nmである。なお、この付近の波長では波長が長くなると赤外線(700nm以上)に差し掛かり、短波長側ほど視感度が高い。輝度が向上し明るい映像が得られるプロジェクターではレーザーポインターの光点との輝度差が狭まり、クラス2でも650~690nmの製品では認識しにくい場合があるため、より認識されやすい635nm製品が適切となる。製造しやすさの面では650~690nmの半導体レーザー素子のほうが安価に製造できるため、玩具用ないし廉価版製品では同波長帯域のものが主流である。なお後述する緑色レーザーポインターは緑色の背景を持つ映像では同色であることから視認し難いため、この場合は映像内容に合わせ赤色強力レーザーポインターが選択される。

PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R